NEW公民連携Project

廃幼稚園を
パン屋さんにリノベーションする。

大分県 豊後高田市 都甲幼稚園
借主:国産小麦と天然酵母のパン工房「hibino」

大分県豊後高田市の都甲地区。
そこに、2014年に廃園となった旧都甲幼稚園の建物が残っています。 平屋建ての小さな幼稚園です。
この空間をリノベーションして、小さなパン屋さんをオープンするプロジェクトが始動しています。
 Public+チームで今回、豊後高田市様と繋げさせていただいた国産小麦と天然酵母のHIBINOパンさん。
HIBINOさんは、今回、別府の店舗を移転し、豊後高田市に移住して、田園地帯の広がる場所でリニューアルしたお店としてオープンする予定です。
 古い幼稚園が、地域の人や子供たちが集う場になり、雇用も生まれ、新たな活用不動産として蘇らせるプロジェクトです。

借りてみるProject

廃校を借りて
サテライトオフィスとして
使ってみる。

大分県 由布市 旧)朴木(ほおのき)小学校
借主:株式会社地域科学研究所

地方自治体と関わる仕事の中でわかってきた、公共施設の遊休化問題。特に地方では、子どもの減少による学校の統廃合が進んでいます。公共不動産としても地域によっては、一番遊休化が進む施設だといわれています。
そうして廃校となった学校を株式会社 地域科学研究所のサテライトオフィスとして「借りてみる」プロジェクト。
民間企業が廃校をサテライトオフィスとして使いながら、廃校活用の可能性を探っていきます。

借りてもらうProject

廃校を拠点に
農業法人を立ち上げる。

大分県 由布市 旧)朴木(ほおのき)小学校
借主:株式会社地域科学研究所
使い手:農業法人 ほおのき畑

廃校を拠点に、耕作放棄地を開墾して、
無農薬野菜を作る。

廃校を農業の拠点として、地域の人とつながって続ける農業。
郊外の静かな場所と賑やかな街を結ぶ場所として、
廃校を活用している「ほおのき畑」の林田真人さんの取り組みです。


使ってみるProject

公共施設を
会社の全社ミーティングスペースとして
使ってみる。

使ってみた公共施設
大分県 竹田市 久住高原荘 会議室

現在、使用可能になっている公共施設を一次貸出という形で、借りることができます。
株式会社 地域科学研究所の視点で、公共施設を使ってみるプロジェクト。
まずは、3か月に1回、全社員70名近くが一同に集合して開催している全社ミーティングの「場」として使ってみます。